Month: 11月 2016

元気の源

私は自分の体調や健康のために、毎朝1km走ることを日課にしています。その理由は、走ることで眠い状態の身体を起こし、出勤前に万全の状態にしようと考えたからです。
私は学生時代、陸上競技部に所属していました。平日は朝練習があり、朝に体を動かすことで、それからの授業は気分良く受けることができました。社会人になってからは、出勤前にわざわざ早起きする事を面倒に思い、ギリギリの時間まで睡眠をとっていました。しかし、気怠い状態のまま出勤し、そのまま仕事をしていても何か力が入らないという毎日でした。それから学生時代を思い出し、朝に無理矢理にでも時間を取り、短時間でも運動をしてみようと考え始めました。
早朝運動を始めてからの日常生活の変化は、自分でも驚くぐらいに変化しました。それまで、朝食は牛乳だけ、食パンのみなど、軽いもので済ませていましたが、運動することで必然的に空腹になり、食事の量が増えていきました。また、私は昔からお腹が弱く、辛い日々を送ってきましたが、食事をしっかりと取り、運動することで夜更かしや暴飲暴食などに気を使うことで体調も改善されたのだ実感しています。
私は、運動や睡眠、食事、メリハリのついた日常生活がいかに大切かということに気付きました。頭が働かず、体調もすぐれない日々を過ごしていた昔に比べ、ただ単に走るだけ、ということだけでも日常生活が激変し、健康にも良いというならばこれからも続けていくべきだと考えています。青汁を選ぶならこちらがおすすめ

食生活の改善と適度な運動で疲労が溜まりにくい体にする事が出来ました

若い頃は生活習慣が乱れていても体に疲労が溜まるという事があまりなかったので健康を意識するという事はあまりありませんでしたが、年齢を重ねてきて40歳を過ぎた辺りから体の疲労が溜まりやすくなりしかも疲労回復するまで数日間かかるようになってきました。またいろいろな部分で老化が進行してきたと感じるようになってきたので健康を意識するようになり食生活の改善や適度な運動をするようにしました。

食事に関しては今まで焼肉やラーメンなど脂質が多く含まれている食べ物を食べる事が多かったので肥満気味の体型になっていました。それで体が重くなっているので日常生活の中で負荷がかかるようになりそれが体に疲労が溜まる原因だと思いました。まず脂質が多く含まれている食べ物を食べるのを週1回にして残りは野菜や魚などヘルシーで栄養がたくさん含まれている食べ物を食べるようにして肥満気味の体型を改善していく事にしました。それで数ヶ月続けたら少しずつ体が引き締まってきて疲労が溜まりにくくなり回復も早くなってきました。

運動はウォーキングを取り入れてみました。自宅周辺は緑が多くて自然を感じる事が出来る環境なのでウォーキングするのにも適していました。それで散歩間隔で毎日1時間ぐらいウォーキングをするようにしました。ウォーキングをするとカロリーを消費するのでダイエット効果もありましたが、綺麗な空気を吸えるので気分転換にもなりました。ウォーキングを数ヶ月続けたのも体に疲労が溜まりにくくなって回復も早くなった要因だと思います。子供用のおすすめ歯磨き粉はこちら