ラジオ体操が思った以上にいいんです

私が健康のために始めたものは<ラジオ体操>です。

一昔前にラジオ体操ダイエットというダイエット方法が一時期話題となりましたが、その頃はジョギングやヨガなど定期的に体を動かす機会があったので「いろんなダイエットが流行るもんだな?」と思うだけで実践するには至りませんでした。ところがその後妊娠・出産を経て、体重はそれなりに落ちたもののあと少し体重が落ちきらない上に年齢的なものもあってメリハリのない体つきになってしまいました。ダイエットに挑戦したくても赤ちゃんのお世話にかかりっきりで自分のことは後回しになり、お風呂場の鏡に映る自分のだらしないお腹周り・二の腕・太ももを見てすっかり落ち込んでいました。

そんな折、抱っこ紐の使いすぎで肩を痛めてしまい整形外科に行ったところ、お医者さんから「あくまで個人的な意見だけど、ラジオ体操を1日一回でもいいから続けて見たら肩こりがちょっとは楽になるよ」と、医療行為ではなくて井戸端会議レベルだけど、と教えてもらいました。簡単だし、何度もやったことがあるだろうから体も覚えているだろうし、ちょっとの時間を使うだけだし、家の中でスキマ時間にできるでしょ、とのこと。

このように、まぁやってみようかなと軽い気持ちでラジオ体操を始めましたが、やってみると確かに心地いいです。たった三分間ですが腕を回したり背伸びしたり、よくよく考えてみると日常生活ではあまりしない動きかなと思われる体操も含まれているので、運動したいけどできないイライラも少しは解消されています。日によって1日に何回も体操するときもあれば1回しかできなかったときもありますが、最低1日1回を続けて行うことで、肩こりや背中・腰の強張りが少し解消されています。

残念ながらダイエットにはまだ繋げられていないので、ラジオ体操+αで、筋トレやジョギングなどをプラスしようと思っています。これからもラジオ体操で健康的な生活を送り日々成長する我が子とスポーツを楽しむママになりたいですね。http://xn--v8jb1r6c3a1r.com/

我が家の食材は健康のためこだわっています

我が家でつくる食事は健康のために食材にとってもこだわっています。
お野菜とお米とお味噌、お醤油などの毎日使う食材と調味料は全て、自然栽培、又はオーガニック認証のものを取り入れています。
これは妊娠中に添加物アレルギーになってしまい、全く食べられるものが減って困ってしまいました。つわりで気持ち悪いのに加えて、添加物が入っていると食べると嘔吐してしまうのです。きっとお腹の赤ちゃんが、添加物は身体に悪いから食べないで〜と教えてくれたのかなと思って、なんとかお腹の赤ちゃんにも私自身にも栄養を取らないとと思い、食べられるものを探したところ、オーガニック弁当をたまたま食べたところ、ぺろりと食べられたのです。
そこからいろいろ調べ、添加物がいかに体に溜まってしまい健康被害を引き起こしかねないものか知りました。そしてそのころからオーガニック素材にこだわり、旦那もそのような食事になってからは、健康診断の結果が毎年毎年良くなっています。
我が家は二人の子供がおりますが、下の子は特に湿疹がひどい時があり悩んでいました。そしてオーガニックよりももっと自然な食材である自然栽培のお米やお野菜を取りれるようになってからは子供たちの湿疹もよくなり、ほんとうに良さを実感しています。
身体に良いだけでなく、お野菜が甘くておいしいのです。ドレッシングを何もかけなくてもそのままバクバク食べられちゃいます。
毎日たくさん食べるお米や野菜や基礎調味料を変えるだけでこんなに健康になるのかと感じている毎日です。
自然栽培お勧めです。イライラ、ムカムカを和らげるには

元気の源

私は自分の体調や健康のために、毎朝1km走ることを日課にしています。その理由は、走ることで眠い状態の身体を起こし、出勤前に万全の状態にしようと考えたからです。
私は学生時代、陸上競技部に所属していました。平日は朝練習があり、朝に体を動かすことで、それからの授業は気分良く受けることができました。社会人になってからは、出勤前にわざわざ早起きする事を面倒に思い、ギリギリの時間まで睡眠をとっていました。しかし、気怠い状態のまま出勤し、そのまま仕事をしていても何か力が入らないという毎日でした。それから学生時代を思い出し、朝に無理矢理にでも時間を取り、短時間でも運動をしてみようと考え始めました。
早朝運動を始めてからの日常生活の変化は、自分でも驚くぐらいに変化しました。それまで、朝食は牛乳だけ、食パンのみなど、軽いもので済ませていましたが、運動することで必然的に空腹になり、食事の量が増えていきました。また、私は昔からお腹が弱く、辛い日々を送ってきましたが、食事をしっかりと取り、運動することで夜更かしや暴飲暴食などに気を使うことで体調も改善されたのだ実感しています。
私は、運動や睡眠、食事、メリハリのついた日常生活がいかに大切かということに気付きました。頭が働かず、体調もすぐれない日々を過ごしていた昔に比べ、ただ単に走るだけ、ということだけでも日常生活が激変し、健康にも良いというならばこれからも続けていくべきだと考えています。青汁を選ぶならこちらがおすすめ

食生活の改善と適度な運動で疲労が溜まりにくい体にする事が出来ました

若い頃は生活習慣が乱れていても体に疲労が溜まるという事があまりなかったので健康を意識するという事はあまりありませんでしたが、年齢を重ねてきて40歳を過ぎた辺りから体の疲労が溜まりやすくなりしかも疲労回復するまで数日間かかるようになってきました。またいろいろな部分で老化が進行してきたと感じるようになってきたので健康を意識するようになり食生活の改善や適度な運動をするようにしました。

食事に関しては今まで焼肉やラーメンなど脂質が多く含まれている食べ物を食べる事が多かったので肥満気味の体型になっていました。それで体が重くなっているので日常生活の中で負荷がかかるようになりそれが体に疲労が溜まる原因だと思いました。まず脂質が多く含まれている食べ物を食べるのを週1回にして残りは野菜や魚などヘルシーで栄養がたくさん含まれている食べ物を食べるようにして肥満気味の体型を改善していく事にしました。それで数ヶ月続けたら少しずつ体が引き締まってきて疲労が溜まりにくくなり回復も早くなってきました。

運動はウォーキングを取り入れてみました。自宅周辺は緑が多くて自然を感じる事が出来る環境なのでウォーキングするのにも適していました。それで散歩間隔で毎日1時間ぐらいウォーキングをするようにしました。ウォーキングをするとカロリーを消費するのでダイエット効果もありましたが、綺麗な空気を吸えるので気分転換にもなりました。ウォーキングを数ヶ月続けたのも体に疲労が溜まりにくくなって回復も早くなった要因だと思います。子供用のおすすめ歯磨き粉はこちら